川合元博、自叙伝のページ

 

このウェッブ・サイトに最初に掲載された、このサイトの主題とも言える文章です。ちょうど三十年前に書いた文章。読み返す度に、そのときの自分が少し恋しくもなります。読んでいただき、一片の共感を持っていただければ、三十年前の筆者も喜ぶことと思います。

 

 

十七歳の自叙伝

17歳という年齢で定年退職したお父さんよろしく自叙伝を書いていた筆者。20年後にその自叙伝を発見し、自分で読んでみて、それ以上のものを書けない進歩のない自分がいやになってしまった。若いからこそ、正直に真剣に書けたのだろうか。文章は下手だけれど迫力だけはある作品。

 

さらばゼーリンゲンシュタット

勉強も嫌だけど働くのはもっと嫌。何のかんので結局26歳まで学生をやってしまった筆者。結婚に迫られて働き出したのはいいけれど、最初からそうはうまくいかない。20代に出会った人達との交流を中心に、その人達に感謝の気持ちを込めて書いた作品。

 

 

<ホームページに戻る>