ホカン・ネッサー

Håkan Nesser

(スウェーデン)

ホカン・ネッサーは一九五八年生まれ、スウェーデンの作家である。彼は、警視ファン・フェーテレン・シリーズを中心に、多くのミステリーを発表している。スウェーデンの小説は余り民族的な匂いがなく、中立的で万人に対して読みやすい。しかし、ネッサーの小説はそれが更に徹底されている。出てくる土地の名前は全て架空のもので、どこの国かを特定することさえできなないのだ。それでいてリアリティーがある。不思議な作風である。

 

 

第四の犠牲者

原題:Borkmanns punkt 「ボルクマンの定理」

ドイツ語題:Das vierete Opfer 「第四の犠牲者」

1993

 

「目の粗い網」

原題:Det grovmaskiga nätet

ドイツ語題:Das grobmaschige Netz

1993

 

誤まりの判決

原題:Återkomsten 「戻って来た男」

ドイツ語題:Das falsche Urteil 「誤りの判決」

1995

 

「蝿と永遠」

原題:Flugan och evigheten

ドイツ語題:Die Fliege und die Ewigkeit

1999

 

庭師の視点

ドイツ語題:Die Perspective des Gärtners (庭師の視点)

原題:Maskarna på Carmine Street (カーミン街の蛆虫)

2009

 

<書評のページへ戻る>