ウーヴェ・ティム

Uwe Timm

1940年ハンブルクに生まれる。父が毛皮職人であった関係で、毛皮職人の修行をし、その資格を取る。しかし、1963年に大学入学資格を取り、ミュンヘンとパリで哲学とドイツ文学を専攻。彼の作品は1971年より次第に出版され、数々の賞を受ける。空襲で瓦礫のなったハンブルクと、その中で生きる人々を描く。

 

「カレーソーセージの発見」

Die Entdeckung der Currywurst

1993

 

選択

Am Beispiel meines Bruders

2005

 

 

 

<書評のページに戻る>