Die Welt von Patrick Süskind

パトリック・ズースキントの世界

 

1980年代から現在に至るまで、ドイツにおけるベストセラー、超ロングセラー作家であるパトリック・ズースキント。謎につつまれた、作家とその作品に注目してみたい。

 

 

ズ−スキントは随分人間嫌いな人らしい。インタビューは受けないし、作品以外のものは書かないらしい。

一九四九年、南ドイツのアンバッハ生まれとある。お父さんも物書きであった。ミュンヘン大学で歴史を勉強した後、交換留学でフランスで過ごしている。卒業後、もっぱら舞台やテレビドラマの脚本を書き、小説として出版されたのは、一九八五年、この「香水」が最初である。

しかし、彼の作風を、このおどろおどろしいがダイナミックな「香水」からのみ判断していただいては困る。それ以外の作品「鳩」は小市民の内面を重箱の隅をほじるように描いている。また「ゾマー氏の物語」は一転して軽快で、ユーモアとペーソスに溢れている。結構、「書き分けられる」タイプの作家であるという感じがする。(「香水」の書評より)

 

Kontorabaß: 1980

コントラバス

 

Das Parfum, Die Geschchite eines Mörders:  1985

「香水、ある殺人者の物語」

 

Die Taube: 1987

「鳩」

 

Die Geschcite von Herrn Sommer:  1991

「ゾマー氏の物語」

 

筆者の紹介:

川合元博 (かわい もとひろ)

1957年京都市生まれ。金沢大学、大学院でドイツ文学を専攻。1984年某ファスナーメーカーに入社。同年より海外駐在員としてドイツ赴任。1991年ロンドンへ転勤。1996年現地で転職。現在、システムエンジニア。ビールとマラソンを好む。妻、真由美との間に子供3人。20006月より1年間ドイツに単身赴任。