ドナ・レオン

ブルネッティ警視シリーズ

 

donna_leon

 

 ドナ・レオンはイタリア在住のアメリカ人の女流作家である。レオンの「コミッサリオ・ブルネッティ」シリーズは彼女の住む、彼女の愛するヴェニスを舞台にした推理小説群である。主人公のグイド・ブルネッティはヴェニス警察に勤める警視。汚職と、腐敗に満ちた社会の中で、正義を貫くべく孤軍奮闘する。しかし、その結果「何も変わらない」ことも彼は一番良く知っている。

 

作品紹介 (英語原題/ドイツ語版題名)

 

死のフェニーチェ劇場 1992年 (Death at la Fenice / Venezianisches Finale

 

異国に死す 1993(Death in Strange Country / Endstation Venedig)

 

死に装束 1994 (Dressed for Death / Venezianische Scharade)

 

死と審判 1995 (Death and Judgment / Vendetta)

 

水位上昇 1996 (Acqua alta)

 

穏やかな永眠 1998 (Quietly in Their Sleep/Sanft entschlafen)

 

高貴な輝き 1999 (Noble Radiance/Nobilta)

 

死に至る治療 2000 (Fatal Remedies/In Sachen Signora Brunetti)

 

高い所にいる友人たち 2001 (Friends in High Place/Feine Freunde)

 

苦難の海 2002 (A Sea of Troubles / Das Gesetz der Lagune )

 

故意による行動 2002 (Wilful Behaviour / Die dunkle Stunde der Serenissima)

 

制服を着た正義 2003年 (Uniform Justice / Verschwiegene Kanäle

 

学位の証明 2004 (Doctored Evidence / Beweise, daß es böse ist)

 

血に塗られた石 2005年 (Blood from a Stone / Blutige Steine)

 

黒いガラスごしに 2007(Through a Glass, Darkly / Wie durch ein dunkles Glas)

 

子供たちの受難 2008(Suffer the Little Children)

 

夢の中の少女 2009年(The Girl of His Dream / Das Mädchen Seiner Träume

 

美しき輝き 2010年(About Face / Schöner Schein

 

誠実さと信頼と 2011年(A Question of Belief / Auf Treu und Glauben

 

裕福な相続人 2012年 (Drawing Conclusions / Reiches Erbe)

 

獣のような利益 2013年(Beasty Things / Tierische Profite

 

 

イタリアを舞台にしたもうひとつのシリーズ/マグダレン・ナブ



川合 元博

1957年京都市生まれ。金沢大学、大学院でドイツ文学を専攻。1984年某ファスナーメーカーに入社。同年より海外駐在員としてドイツ赴任。1991年ロンドンへ転勤。1996年現地で転職。現在、システムエンジニア。ビールとマラソンを好む。妻、真由美との間に子供3人。20006月より1年間ドイツに単身赴任。

 

<書評のページに戻る>