過去の更新履歴

 

201512 18日、マルティン・ズーター書評のページに、「アルメンとピンクのダイヤモンド」を追加。

201512 12日、マリ・ユングステッド書評のページに、「見えない者」を追加。

201512 05日、マルティン・ズーター書評のページに、「アルメンとトンボ」を追加。

20151128日、「ミュージカルの都」のページに「ミス・サイゴン」を掲載。

20151128日、ヘニング・マンケル書評のページに「火の謎」を掲載。

201511 21日、マルティン・ズーター書評のページに、「アルメンとダリア」を追加。

20151114日、書評のページに、マリ・ユングステッドの「殺人者の芸術」を掲載。

20151108日、ヘニング・マンケル書評のページに「風の語り部」を掲載。

20151107日、旅行記のページに京都、金沢、黒部、宇奈月温泉訪問記、「明日ありと思う心の仇桜」を掲載。

20151022日、ヘニング・マンケル書評のページに「デイジー・シスターズ」を掲載。

20151019日、カミラ・レックバリ書評のページに「氷姫」を掲載。

20150916日、書評のページに、オーケ・エドワードソンの「暗い家」を掲載。

20150905日、書評のページに、カミラ・レックバリの「フィエルバッカの説教師」を掲載。

201508 29日、セバスティアン・フィツェック書評のページに、「眼球ハンター」を掲載。

20150802日、旅行記のページにベルギー訪問記、「小便小僧とビリケンさん」掲載。

20150725日、ハンス・ラート書評のページに、「人はこれ以上何を望むのか」を掲載。

20150710日、ハンス・ラート書評のページに、「人は耐えなくてはならない」を掲載。

20150704日、ハンス・ラート書評のページに、「人は出来ることをする」を掲載。

20150704日、旅行記のページに「ドナウの真珠・ブダペスト」を掲載。

20150627日、書評のページに、アーナルデュル・インドリダソンの「塵の息子たち」を掲載。

201506 26日、旅行記のページに「フィヨルドと滝の国・ノルウェー」を掲載。

20150607日、ハンス・ラート書評のページに、「悪魔も時には人の子」を掲載。

201505 31日、旅行記のページに「ダンケルク滞在記」を掲載。

20150517日、書評のページに、カリン・フォッスムの「エファの目」を掲載。

201505 17日、ヨー・ネスベー書評のページに、「息子」を追加。

20150418日、書評のページに、バリー・フォーショーの「寒い国からきたミステリー、北欧犯罪小説への案内」を掲載開始。

20150414日、書評のページに、「ジョルジュ・シムノンとメグレ警視シリーズ」を掲載。

20150412日、書評のページに、ハンス・ラートの「話さなければならないと神は言われたを掲載。

201504 05日、マルティン・ズーター書評のページに、「時間、時間」を追加。

201503 29日、ヨナス・ヨナソン書評のページに、「計算のできる文盲の少女」を追加。

201503 03日、ドナ・レオン書評のページに、「野獣のような利益」を追加。

201502 14日、ヨー・ネスベー書評のページに、「幼虫」を追加。

201501 17日、旅行記のページに「日本のお正月」を掲載。

201501 13日、ヨー・ネスベー書評のページに、「昏睡」を追加。

201512 18日、マルティン・ズーター書評のページに、「アルメンとピンクのダイヤモンド」を追加。

201512 12日、マリ・ユングステッド書評のページに、「見えない者」を追加。

201512 05日、マルティン・ズーター書評のページに、「アルメンとトンボ」を追加。

20151128日、「ミュージカルの都」のページに「ミス・サイゴン」を掲載。

20151128日、ヘニング・マンケル書評のページに「火の謎」を掲載。

201511 21日、マルティン・ズーター書評のページに、「アルメンとダリア」を追加。

20151114日、書評のページに、マリ・ユングステッドの「殺人者の芸術」を掲載。

20151108日、ヘニング・マンケル書評のページに「風の語り部」を掲載。

20151107日、旅行記のページに京都、金沢、黒部、宇奈月温泉訪問記、「明日ありと思う心の仇桜」を掲載。

20151022日、ヘニング・マンケル書評のページに「デイジー・シスターズ」を掲載。

20151019日、カミラ・レックバリ書評のページに「氷姫」を掲載。

20150916日、書評のページに、オーケ・エドワードソンの「暗い家」を掲載。

20150905日、書評のページに、カミラ・レックバリの「フィエルバッカの説教師」を掲載。

201508 29日、セバスティアン・フィツェック書評のページに、「眼球ハンター」を掲載。

20150802日、旅行記のページにベルギー訪問記、「小便小僧とビリケンさん」掲載。

20150725日、ハンス・ラート書評のページに、「人はこれ以上何を望むのか」を掲載。

20150710日、ハンス・ラート書評のページに、「人は耐えなくてはならない」を掲載。

20150704日、ハンス・ラート書評のページに、「人は出来ることをする」を掲載。

20150704日、旅行記のページに「ドナウの真珠・ブダペスト」を掲載。

20150627日、書評のページに、アーナルデュル・インドリダソンの「塵の息子たち」を掲載。

201506 26日、旅行記のページに「フィヨルドと滝の国・ノルウェー」を掲載。

20150607日、ハンス・ラート書評のページに、「悪魔も時には人の子」を掲載。

201505 31日、旅行記のページに「ダンケルク滞在記」を掲載。

20150517日、書評のページに、カリン・フォッスムの「エファの目」を掲載。

201505 17日、ヨー・ネスベー書評のページに、「息子」を追加。

20150418日、書評のページに、バリー・フォーショーの「寒い国からきたミステリー、北欧犯罪小説への案内」を掲載開始。

20150414日、書評のページに、「ジョルジュ・シムノンとメグレ警視シリーズ」を掲載。

20150412日、書評のページに、ハンス・ラートの「話さなければならないと神は言われたを掲載。

201504 05日、マルティン・ズーター書評のページに、「時間、時間」を追加。

201503 29日、ヨナス・ヨナソン書評のページに、「計算のできる文盲の少女」を追加。

201503 03日、ドナ・レオン書評のページに、「野獣のような利益」を追加。

201502 14日、ヨー・ネスベー書評のページに、「幼虫」を追加。

201501 17日、旅行記のページに「日本のお正月」を掲載。

201501 13日、ヨー・ネスベー書評のページに、「昏睡」を追加。

20141210日、書評のページに、フェルディナント・フォン・シーラッハの「コリーニ事件」を掲載。

20141202日、書評のページに、ケルスティン・ギアの「不道徳な賭け」を掲載。

20141112日、セバスティアン・フィツェック書評のページに、「眼球コレクター」を追加。

20141106日、書評のページに、イエンス・ラピドゥスの「迫り来る不安」を掲載。

20141101日、旅行記のページに、ギリシア、ハルキディキ半島旅行記、「張り切って行くハルキディキ」を掲載。

20141016日、書評のページに、トム・ケーニヒの「俺は客だ、助けてくれ」、「解約?やれるものならやってみな」を掲載。

20141010日、「ミュージカルの都」のページに、「エビータ、アルゼンチンよ泣かないで」を掲載。

20140916日、セバスティアン・フィツェック書評のページに、「精神破壊者」を追加。

20140906日、「ミュージカルの都」のページに、リヒャルト・シュトラウスのオペラ「サロメ」観劇記、「ニャロメ、サロメ」を掲載。

20140825日、書評のページに、ラルフ・フスマン「人に注意」を掲載。

20140815日、書評のページに、田中克彦著「言語学とは何か」掲載。

20140731日、書評のページに、エヴァ・ガブリエルソンの「スティーグと私」を掲載。

20140725日、セバスティアン・フィツェック書評のページに、「子供」を追加。

20140711日、書評のページに、ヘレネ・トゥルステンの「壊された唐の馬」を掲載。

20140703日、ダニエル・グラッタウアー書評のページに、「奇跡のカウンセリング」を追加。

20140626日、ヘニング・マンケル書評のページに、「手」を追加。

20140625日、ヘニング・マンケル書評のページに、「汚れた天使の思い出」を追加。

20140602日、「スウェーデン警察小説の系譜」を掲載開始。

20140527日、書評のページに、デンマーク国営放送のテレビ番組「Forbrydelsen」(犯罪)を掲載。

20140428日、書評のページに、マンフレット・マイの「ドイツの歴史」を掲載。

20140423日、書評のページに、BBC放映のテレビ番組「スカンジナビアの推理小説の物語」を掲載。

20140421日、書評のページに、スティーブン・ピーコックの「スウェーデンの推理小説、原作と映像化」を掲載。

20140324日、書評のページに、英国の物理学者、スティーブン・ホーキングの「偉大なる設計」を掲載。

201403 19日、旅行記のページに、「早春の天草、雲仙の旅」を掲載。

201402 26日、セバスティアン・フィツェック書評のページに、「破片」を追加。

20140225日、書評のページに、スウェーデンの作家、ヨナス・ヨナソンの「百歳の男が窓から逃げ出した」を掲載。

20140203日、旅行記のページにニュージーランド滞在記、「地球の反対側で出会ったもうひとつの価値観」を掲載。

201401 01日、セバスティアン・フィツェック書評のページに、「血に飢えたゲーム」を追加。

20131222日、ドナ・レオン書評のページに、「裕福な相続人」を追加。

20131216日、旅行記のページに、「ドイツのクリスマスマーケット」を掲載。

20131216日、カレド・ホセイニ書評のページに、「夢を集める人たち」を追加。

20131113日、書評のページに、ドイツの作家、セバスティアン・フィツェックの「セラピー」を掲載。

20131025日、旅行記のページに京都への帰国日記、「暑さ寒さも彼岸まで」を掲載。

20121011日、マルティン・ズーター書評のページに、「最後のヴァインフェルト」を追加。

20131008日、書評のページに、スペインの作家、カルロス・ルイズ・ザフォンの「風の影」を掲載。

20130825日、書評のページに、オーストリアの作家、ウルズラ・ポツナンスキーの「五」を掲載。

20130824日、ヤン・ゼグハース書評のページに、「ローゼンヘルツのファイル」を追加。

20130705日、書評のページに、ドイツの作家、ラフィク・シャミの「書道家の秘密」を掲載。

20130622日、パウロ・コエーリョ書評のページに、「ヴェロニカは死ぬことにした」を追加。

20130511日、旅行記のページに、「京都の桜」を掲載開始。

20130428日、書評のページに、オーストリアの精神科医、ヴィクトール・フランクルの「それでも人生にイエスと言う」を掲載。

20130427日、書評のページに、ドイツの作家ジャン・ルク・バナレクの「ブルターニュ風人間関係」を掲載。

20130211日、ベルンハルト・シュリンク書評のページに、「週末」を追加。

20130206日、書評のページに、イタリアの作家ルカ・ディ・フルヴィオの「夢をくれた少年」を掲載。

20130126日、ドナ・レオン書評のページに、「誠実さと信頼と」を追加。

20121228日、書評のページに、米国の作家ジョン・ベレンドの「墜落した天使の街」を掲載。

20121223日、ドナ・レオン書評のページに、「美しき輝き」を追加。

20121213日、年末恒例の「我が家の今年の十大ニュース」を掲載。

20121202日、書評のページに、ドイツの作家ザラ・ラークの「マオリの歌」を掲載。

20121116日、旅行記のページに、「船で渡る大西洋」を掲載。

20121022日、書評のページに、スウェーデンの作家インゲル・フリマンソンの「死にたくなかった猫」を掲載。

20121008日、旅行記のページに、「卒業写真・三十五年ぶりに出席した中学の同窓会」を掲載。

20120916日、ペール・ヴァールー、マイ・シューヴァル書評のページに、「ミステリーの女王」を追加。

20120913日、書評のページに、スウェーデンの作家オーサ・ラーソンの「白夜」を掲載。

20120818日、ヨー・ネスベーの書評のページに、「雪ダルマ」を追加。

20120811日、書評のページに、ドイツの作家クリスティアン・シューネマンの「女子学生」を掲載。

20120804日、旅行記のページに、ロンドン、グローブ座訪問記、「ヘンリー五世は豊臣秀吉か」を掲載。

20120711日、カレド・ホセイニ書評のページに、「千の輝く太陽」を追加。

20120701日、マルティン・ズーター書評のページに、「料理人」を追加。

20120617日、書評のページに、スウェーデンの作家リザ・マークルンド「終身刑」を掲載。

20120617日、ホカン・ネッサー書評のページに、「庭師の視点」を追加。

20120606日、ヘニング・マンケル書評のページに、「豹の目」を追加。

20120603日、旅行記のページに、スペイン、マヨルカ島旅行記、「正しいマヨルカ島の歩き方」を掲載。

20120507日、ヘニング・マンケル書評のページに、「陰にいる敵」を追加。

20120429日、ダニエル・グラッタウアー書評のページに、「永遠にあなたの」を追加。

20120409日、旅行記のページに「お葬式」を掲載。

20120317日、書評のページに、カレド・ホセイニの「凧を追う人」を掲載。

20120225日、ヘニング・マンケル書評のページに、「中国人」を追加。

20120129日、「ミュージカルの都」のページに、「オクラホマ!を追加。

20120108日、「ミュージカルの都」のページに、「シカゴ」を追加。

20111218日、旅行記のページに、鹿児島、京都、金沢旅行記、「開聞岳と桜島」を掲載。

20111130日、書評のページに、オスマン・エンギンの「千夜一夜勤物語」を掲載。

20111105日、旅行記のページに、「京都、夏」を掲載。

20111030日、書評のページに、イアン・ランキンの「紐と十字架」を掲載。

20111029日、旅行記のページに、フランス、パリ、ヴェルサイユ旅行記、「ミーはおフランスに行ってきたざんす」を掲載。

20110928日、ドナ・レオン書評のページに、「夢の中の少女」を追加。

20110904日、「ミュージカルの都」のページに、「オペラ座の怪人」を追加。

20110822日、書評のページに、オノレ・ド・バルザックの「谷間の百合」を掲載。

20110817日、「ミュージカルの都」のページに、「白鳥の湖」を追加。

20110716日、旅行記のページに、ドイツ、ダーラム、京都の旅行記、「幻の島、コルシカ」を掲載。

20110604日、「ミュージカルの都」のページに、「レ・ミゼラブル」を追加。

20110515日、ヘニング・マンケル書評のページに、「イタリア製の靴」を追加。

20110422日、書評のページに、アーネスト・ヘミングウェーの「陽はまた昇る」を掲載。

20110326日、旅行記のページに、ドイツ、ヨルダン訪問記、「ラインの畔、死海の畔」を掲載。

20110307日、ホカン・ネッサー書評のページに、「誤りの判決」を追加。

20110205日、書評のページに、ドイツの作家、アンドレア・マリア・シェンケルの「タンネート、凍える森」を掲載。

20110122日、書評のページに、英国の作家、コリン・コテリルの「検死医の昼食」を掲載。

20110122日、スティーグ・ラーソン書評のページに、「眠れる女と狂卓の騎士」を追加。

20110108日、旅行記のページに、京都、マレーシア、ペナン島訪問記、「ウェディング&トロピカル・クリスマス」を掲載。

20101205日、旅行記のページに、ノリッチ訪問記、「冬の遠足」を掲載。

20101120日、「ミュージカルの都」のページに、「マンマ・ミーア」を追加。

20101119日、スティーグ・ラーソン書評のページに、「火と戯れる女」を追加。

20101113日、旅行記のページに、ロンドン、ミュージカル劇場訪問記、「ミュージカルの都」を掲載。

20101023日、旅行記のページに、ダーラムとロードス島訪問記、「ロードス、どうどす?」を掲載。

20100920日、旅行記のページに、ロイヤル・オペラ・ハウス訪問記、「モーツアルトと携帯電話」を掲載。

20100828日、旅行記のページに、ストーンヘンジ訪問記、「石との遭遇」を掲載。

20100828日、書評のページに、スウェーデンの作家、スティーグ・ラーソンを追加。

20100704日、「モトのフォトアルバム」のページに、2010年に撮った写真を多数追加。

20100629日、「ソフィーの世界」のページに、アルベルトがソフィーに教えた「哲学史の要約」を掲載。

20100522日、旅行記のページに、ギリシア、ミコノス島滞在記「巫女の巣?巫女の酢?」を掲載。

20100508日、書評のページに、ブラジルの作家パウロ・コエーリョの「錬金術師」を掲載。

20100424日、書評のページに、ノルウェーの作家ヨスタイン・ゴルデルの「ソフィーの世界」を掲載。

20100321日、書評のページに、スウェーデンの作家トマス・カンガーの「日曜日の男」を掲載。

20100317日、旅行記のページに、2010年日本滞在記「心の旅」を掲載。

20100211日、書評のページに、ドイツの作家ヴォルフラム・フライシュハウアーの「盗まれた夜」を掲載。

20100205日、旅行記のページの、「ポヨ子さん、ソロモンを行く」 ようやく完結。

20100109日、ダニエル・グラッタウアー書評のページに「隠された訳」を掲載。

20100103日、書評のページに、ドイツの作家フランツ・シェッツィングの「群れ、深海のYrr」を掲載。

20091216日、ヤン・ゼグハース書評のページに「死の楽譜」を掲載。

20091101日、書評のページに、米国の作家オードリー・ニフェネガーの「タイムトラベラーの妻」を掲載。

20091024日、書評のページに、トルコの作家オルハン・パムクの「私の名は紅」を掲載。

20091008日、旅行記のページに、ギリシア、サントリーニ島滞在記「エーゲ海の真珠」を掲載。

20090909日、旅行記のページに、グローブ座訪問記「シェークスピアは四百年前の吉本新喜劇である」を掲載。

20090830日、ダニエル・グラッタウアー書評のページに「七番目の波」を掲載。

20090825日、書評のページに、オーストリアの作家「ダニエル・グラッタウアー」を掲載。

20090819日、ヨー・ネスベー書評のページに「コウモリ男」を掲載。

20090808日、旅行記のページに、ドイツ出張顛末「三本足のネコ」を掲載。

20090801日、旅行記のページに、「ポヨ子さん、ソロモンを行く」の連載を一年ぶりに再開。

20090722日、書評のページに、ドイツの作家「ジークフリート・レンツ」を掲載。

20090710日、旅行記のページに、「エーゲ海の碧い風・クレタ島日記」を掲載。

20090607日、旅行記のページに、「コンコルド追想」を掲載。

20090525日、書評のページに、ノルウェーの作家「ヨー・ネスベー」を掲載。

20090519日、旅行記のページに、「日本海側温泉三昧」を掲載。

20090412日、「モトのフォトアルバム」のページに、2009年に撮った写真を追加。

20090405日、アンデレス・ロスルンド/ビョルグ・ヘルストレーム書評のページに、「野獣」を掲載。

20090325日、旅行記のページに、「何しとる、ブリストル」を掲載。

20090304日、ホカン・ネッサー書評のページに、「第四の犠牲者」を掲載。

20090228日、旅行記のページに、「入出エジプト記、あるいは、ピラミッドを見て死ね」を掲載。

20090130日、アンデレス・ロスルンド/ビョルグ・ヘルストレーム書評のページに、「蒼ざめた天使」を掲載。

20090118日、旅行記のページに、「アムステルダム・冬」を掲載。

20081220日、書評のページに、スウェーデンの作家「ホカン・ネッサー」を掲載。

20081114日、マグダレン・ナブ書評のページに、「新しい旅立ち」を掲載。

20081107日、旅行記のページに、「諸行無常、日本の旅」を掲載。

20080831日、旅行記のページに、「ポヨ子さん、ソロモンを行く」の掲載を開始。

20080810日、書評のページに、スウェーデンの作家、アンデレス・ロスルンド/ビョルグ・ヘルストレームを掲載。

20080802日、過去1年間に撮った写真を集め「モトのフォトアルバム」を掲載。

20080627日、ドナ・レオン書評のページに、「子供たちの受難」を掲載。

20080616日、ペトロス・マルカリス書評のページに、「ライブ!」を掲載。

20080610日、旅行記のページに、「思い入れ、ドイツ」を掲載。

20080526日、ペトロス・マルカリス書評のページに、「夜の蝶」を掲載。

20080401日、旅行記のページに、「元時刻表少年日本を行く」を掲載。

20080219日、ドナ・レオン書評のページに、「黒いガラスごしに」を掲載。

20080219日、書評のページに、ギリシアの作家、ペトロス・マルカリスを掲載。

20080111日、旅行記のページに、「ガダルカナル島訪問記」を掲載。
2007
1217日、マグダレン・ナブ書評のページに、「夜咲く花」を掲載。

20071117日、旅行記のページに、「遥かなるケンブリッジ、ポヨ子さん大学下見の巻」を掲載。

20071025日、旅行記のページに、「脱線、スペイン、コスタ・ブランカの旅」を掲載。

20070914日、J.K.ローリング書評のページに、「ハリー・ポッターと死の秘宝」を掲載。

20070802日、書評のページにシルヴィオ・トッディ、「ヴェニスまでの往復切符」を掲載。

20070701日、パトリック・ズースキント書評のページに、「コントラバス」を掲載。

20070629日、書評のページに、フレッド・ウールマン「友との再会」を掲載。

20070628日、ウーヴェ・ティム書評のページに「兄の選択」を掲載。

20070624日、ヘニング・マンケル書評のページに「海溝」を掲載。

20070617日、旅行記のページに「アミダ籤式京都の歩き方」を掲載。

20070517日、書評のページにヤン・ゼクハース「美しすぎる少女」を掲載。

20070422日、書評のページにヤン・ゼクハース「雪の中の花嫁」を掲載。

20070218日、書評のページにウーヴェ・ティム「カレーソーセージの発見」を掲載。

20070118日、書評のページにベルンハルト・シュリンク「帰郷」を掲載。
2006
1226日、マデイラ旅行記「山と海と虹とポヨ子」を掲載。
2006
1125日、マグダレン・ナブの書評に「ある狂女の死」と「フィレンツェの日本人」を追加。
2006
1112日、落語随筆「地獄八景亡者戯、聞き比べ」完結
2006
1014日、「ドイツ語で読むシェークスピア」のページに「Royal Shakespeare Company ジュリアス・シーザー公演を観る」を追加
2006
0928日、「ドイツ語で読むシェークスピア」のページに「アントニーとクレオパトラ」を追加
2006
0908日、「ドイツ語で読むシェークスピア」のページに「ジュリアス・シーザー」を追加
2006
0903日、マルティン・ズーター書評のページに「ミラノから来た悪魔」を追加
2006
0805日、ヘニング・マンケル書評のページに「ケネディーの脳」を追加
2006
0723日、書評のページに「ドイツ語で読むシェークスピア」を追加
2006
0521日、旅行記のページの「日本はやっぱりええとこや」完結。
2006
0425日、書評のページに「J.K.ローリング」を掲載。
2006
0312日、ディック・フランシス書評のページに、「飛越」を追加。
2006
0228日、書評のページに「アガサ・クリスティー」を掲載。
2006
0225日、旅行記のページにストックホルム旅行記英語版、「Looking for the Midnight Sunを追加。
2006
0216日、エッセーのページに、「英国国営医療制度(NHS)驚愕の体験記」を追加。
2006
0210日、ディック・フランシス書評のページに、「試走」を追加。
2006
0124日、マルティン・ズーター書評のページに、「スモール・ワールド」を追加。
2006
0111日、「2005年我が家の十大ニュース」を追加。
2006
0110日、マルティン・ズーター書評のページに、「リラ、リラ」を追加。

20051231日、ディック・フランシス書評のページに、「連闘」を追加。
2005
1228日、マルティン・ズーター書評のページに、「完璧な友人」を追加。
2005
1123日、ディック・フランシス書評のページに、「転倒」を追加。
2005
1112日、書評のページに「マルティン・ズーター」を掲載。
2005
1016日、書評のページに「ディック・フランシス」を掲載。
2005
1015日、旅行記のページの「『死のロード』の記録」を掲載。
2005
1001日、ドナ・レオン書評のページに、「血に塗られた石」を追加。
2005
0908日、ヴァールー、シューヴァル書評のページに、最後の「テロリスト」を追加。これで全部読み終わりました。
2005
0813日、ヴァールー、シューヴァル書評のページに、「サヴォイ・ホテルの殺人」を追加。
2005
0725日、ヴァールー、シューヴァル書評のページに、「笑う警官」を追加。
2005
0717日、ヴァールー、シューヴァル書評のページに、「密室」を追加。
2005
0705日、スウェーデン、ストックホルム旅行記「沈まぬ太陽を求めて」を追加。

20050619日、ヴァールー、シューヴァル書評のページに、「セフレから来た唾棄すべき男」を追加。
2005
0530日、ヴァールー、シューヴァル書評のページに、「バルコニーの男」を追加。
2005
0525日、ヴァールー、シューヴァル書評のページに、「警官殺し」を追加。
2005
0523日、旅行記のページ「ヴェネチアは文字通り水の都だった」に写真を多数掲載。
2005
0518日、旅行記のページに、「地平線の見える国、オランダ」を追加。
2005
0506日、ダン・ブラウンの書評のページに、「天使と悪魔」を追加。
2005
0429日、旅行記のページに、「ボンで貰ったベートーベンのメダル」を追加。
2005
0424日、ヴァールー、シューヴァル書評のページに、「消えた消防車」を追加。
2005
0417日、旅行記のページに、ほとんど日系外国人の日本旅行記「僕って本当に日本人?」を追加。
2005
0401日、書評のページに、「ペール・ヴァールー(Per Wahloo)、マイ・シューヴァル(Maj Sjowall)」を追加。
2005
0316日、書評のページに、「ダン・ブラウン」を追加。
2005
0220日、ケッテンバッハ書評のページに、「シュマッツ、あるいは袋小路」を追加。
2005
0218日、スウェーデン、スコーネ地方旅行記、「ヴァランダーを追いかけて」に写真を多数掲載。
2005
0218日、「ヘニング・マンケル書評のペーシ」」をリニューアル。登場人物をスウェーデン式発音に変更。
2005
0218日、「ヨーロッパ徒然草」に「英国、冬の風物詩」を追加。
2005
0210日、旅行記のページにスウェーデン、スコーネ地方旅行記、「ヴァランダーを追いかけて」を追加
2005
0107日、旅行記のページに「ヴェネチアは文字通り水の都だった」を追加
2005
0102日、ハンス・ヴェルナー・ケッテンバッハのページに「地平線の向こうに」を書評のページに追加
2005
0102日、ハンス・ヴェルナー・ケッテンバッハのページに「ミニー、あるいは取るに足らない事例」を書評のページに追加
2004
1212日、「ハンス・ヴェルナー・ケッテンバッハ」を書評のページに追加
2004
1210日、クルト・ヴァランダーのページに「帰って来たダンス教師」の書評追加
2004
1127日、「ヨーロッパ徒然草」に日本帰省中の出来事を追加
2004
1120日、自叙伝を「自叙伝のページ」にまとめました。
2004
1120日、エッセーを「エッセーのページ」にまとめました。
2004
1120日、旅行記を「旅行記のページ」にまとめました。
2004
1119日、書評を「書評のページ」にまとめました。
2004
1118日、クルト・ヴァランダーのページに「霜の降りる前に」の書評追加
2004
1115日、クルト・ヴァランダーのページに「ヴァランダー最初の事件」の書評追加
2004
1010日、クルト・ヴァランダーのページに「防火壁」の書評追加
2004
905日、クルト・ヴァランダーのページに「真夏の殺人」の書評追加
2004
804日、クルト・ヴァランダーのページに「微笑む男」の書評追加
2004
717日、クルト・ヴァランダーのページに「白い雌ライオン」の書評追加
2004
711日、怠惰な旅行者のロサンゼルス滞在記「ロジャー・クレメンスのリクライニングシート」を追加
2004
613日、クルト・ヴァランダーのページに「五人めの女」の書評追加
2004
522日、クルト・ヴァランダーのページに「誤りの捜査方針」の書評追加
2004
425日、クルト・ヴァランダーのページに「リガの犬たち」の書評追加
2004
424日、ドナ・レオンのページに「学位の証明」の書評追加

 

<ホームページに戻る>